ゆめすけ店舗情報

店舗外観

<営業時間>
9:00〜17:00
電話注文:0120-18-3021
※受付時間は16:00まで

<定休日>
○毎週水曜日、第2火曜日
(祝日の場合は営業、臨時休業あり)
○ 年末年始(12/31~1/3)
※夢助だんごの販売は12/29が年内最終日となります。

<住所>
〒912-0034
福井県大野市吉野町110

<休日カレンダー>

   
2022年 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
定休日
   
2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
定休日
 
 

トップ > あられ・かき餅 > ギフト用 > 大米焼

大米焼

大米焼

もち米の風味とまろやかな醤油の香ばしさがたまらない

芳ばしい醤油の香りと「バリバリ」の食感、そして丁寧に搗き上げることで醸されるもち米の旨味…。これらが『大米焼』の美味しさを決定的にしています。
さらに『大米焼』は1枚の大きさにもこだわりました。食べきれる1枚の“最大サイズ”がこの大きさなのです。「大き過ぎて食べきれない?!」。いえいえ。程よい醤油の味と香りが後を引いてペロリと食べられるのです。味は、醤油・ざらめ・青のり・唐辛子・ごま・のり巻の6種類。生地に“波スジ”を入れているのも歯触りの良さの工夫からなのです。

作り手のこだわり

1.食感(歯触り)をよくするために搗き時間を長く

生地に波スジを入れることで、焼いたときの膨らみをおさえます。また、スジ入れの具合によって食感が左右されるため、硬過ぎず、柔らか過ぎずと細心の注意をはらっています。

2.醤油にドボンとつけたあられを1枚1枚網に並べて乾燥

ざらめ、一味、青のり、ごまなどのトッピングも1枚1枚手作業、袋詰めも1枚づつの手作業です。数多くあるあられの中でもこの『大米焼』が最も人の手がかけられた、愛情たっぷりの1枚焼です。

3.トッピングについてのこだわりもいろいろ

唐辛子は激辛に見えますが、一味の種類では比較的甘口なものを使用しているので意外に食べやすいです。胡麻は白ごまと黒ごまのバランスを考えて配合、ごま自体にも醤油味が付いています。袋の底にたまっているごまは、ふりかけにしても美味ですよ!

各種味わい

1.醤油
生地に合う醤油を調合した『大米焼』ならではの味と風味。
2.ざらめ
生地のバリバリ感にざらめの固さと甘さが好相性!
3.青のり
風味色合いともに、厳選した青のりを使用。
4.唐辛子
一味の中でも比較的甘口で穏やかな味わい。
5.ごま
白ごまと黒ごまの絶妙なバランスで配合。ごまにも醤油味が付いているので一層芳ばしい。
6.のり巻
選りすぐりの海苔。大きなのり巻もシワにならないよう丁寧に手作業で。

全9件

ページトップへ